ダイバーシティ推進、SDGs達成、メンタルレジリエンス強化…あらゆる組織にとって今求められる
様々な課題に対し、世界の第一線で戦った経験を持つパラアスリートならではのアプローチをご紹介します。
先行きの見えない、不安が多い今だからこそ、​経営者や組織のリーダー、人財育成を担う方、
そして困難な挑戦に挑む全ての方へ、ヒントに溢れるウェビナーです。

神保さん修正_onlinesymposiumlp_lp (1).png
 

Schedule

開催日時

日程:2021年4月21日(水)
時間:18:30ー21:00
   ※18:00開場
場所:オンライン
(ライブ配信)
​費用:無料

application

お申込

下記ボタンより、必要事項をご記入の上、送信ください。
定員に達し次第締め切る場合がございますので、ご受講ご希望の場合はお早目にお申込ください。

program

プログラム

18:30-18:45  ご挨拶
18:45-19:20  講演Ⅰ

19:20-19:40  講演Ⅱ
19:40-19:45  ご休憩
19:45-20:55  
パネルディスカッション
20:55-21:00  クロージング

contact

お問合せ

本イベント・事業・主催組織に関するお問合せ/取材のご希望等は、日本財団パラリンピックサポートセンター「あすチャレ!メッセンジャー」事務局までお問合せください。

SPEAKERS

登壇者

外資系コンサルティングファーム監修のもと設計された独自の​スピーチトレーニングを受講した第一線でキャリアを積んだパラアスリートと、
ダイバーシティ&インクルージョン社会の実現を目指すビジネスプロフェッショナル

 

​「あすチャレ!メッセンジャー」
GOLD認定講師

​「あすチャレ!メッセンジャー」
トレーニー

​「あすチャレ!メッセンジャー」
認定講師

​「あすチャレ!メッセンジャー」
GOLD認定講師

PROGRAM

​プログラム
​※すべての講演には手話通訳がございます。

ご挨拶】
18:30-18:45

組織の成長をドライブする

パラスポーツのバリューとは

山脇 康

日本郵船で取締役として経営を牽引したのち、パラリンピック、パラスポーツの世界へ。
国際パラリンピック委員会の理事も務める中で世界中のパラリンピアンとの交流を通して見出した、パラアスリートを起点とする社会改革の可能性やSDGs達成のヒントについてお話させていただきます。  

【講演
18:45-19:20

​「チガイ」で生き抜くヒント。

山本 恵理

「ねぇ。お母さん、なんで私が外を歩いているとみんな私のことをジロジロ見るの?」
装具をつけて、ゆっくりと歩いたりこけたりしていた4歳の私が母親に聞いた言葉です。

人は、人と自分とを比べて“チガイ”にはよく気づくのにこの社会では人と“同じ”であることに重きを置いて、教育や仕事が進められていることがあります。

時には自分と他人のチガイを比較して優劣を自分自身でつけてしまうこともあります。
チガイを強みに変えて、この社会で自分らしく生きて行くヒントをお伝えします。

※ぜひメモ用紙と筆記用具をご用意ください

【講演
19:20-19:40

パラアスリートから学ぶレジリエンス
それを支える「プレゼントレーニング」

中村 健太郎

障がいと向き合ってきたパラアスリートが共通して持っているレジリエンス(対応能力・柔軟性)は、今コロナ環境下の個人や組織が見習うべき要素です。特徴的な人生経験を持つパラアスリートのストーリーから私たちが得られるヒントについてお話します。また、メッセンジャー事業に席を置くすべての講師が受講し、彼らの講演活動の支えになっている、アクセンチュアが共同開発した「プレゼントレーニング」の概要についても合わせてご紹介いたします。

 

ご休憩】
19:40-19:45

Break Time

5分間の休憩とさせていただきます

【パネルディスカッション
19:45-20:55

パラアスリートから学ぶ

見えない壁を超える力

岡崎 愛子・神保 康広・三阪 洋行
​(モデレーター:中村 健太郎)

パラリンピックをはじめとする数々の世界大会で活躍し、現在は競技者の枠を超えた様々な取り組みを精力的に社会に発信している神保氏、三阪氏に加え、現役として東京大会出場に内定している岡崎選手の三名から、折れない心と前を向く行動力の根源を探ります。

【クロージング
20:55-21:00

事務局よりご連絡

お問合わせ

日本財団パラリンピックサポートセンター
「あすチャレ!メッセンジャー」事務局

messenger@parasapo.tokyo
https://www.parasapo.tokyo/messenger/

​※お問合せは上記サイトよりお願いいたします。

スポーツホールの障害者